人気ブログランキング |

子どもの居場所 ワーカーズコープさんとミーティング

1月9日、16時、咲くふぁ福岡3トラ、新年初顔合わせでした。SNSで連絡を取り合っているので、いつも会っている気がしますが、リアルで三人揃うのは久しぶり。やはり実際に顔を見ると嬉しいものです。
d0378078_02425648.jpeg

実は三人とも、年末年始、体調を崩していました。くにトラはドイツ疲れから発熱。しょこトラはクリスマスあたりに引いた風邪が長引き、私さなトラは何となく胃腸炎。こんな時はジタバタせずにとっとと休む。あれこれいらんことを考えても時間の無駄。パフォーマンスはだだ下がり。休むべき時に休まないと結局取り返しのつかない事態が出来する。これは、子どもの不登校を経験して得た実感です。というわけで、松の内も過ぎたこの日、ようやく咲くふぁ福岡の2019年が始まったのでした。

この日の3トラ集合には理由がありました。ワーカーズコープ福岡の方とお会いする約束をいただいていたのです。

d0378078_02501347.jpeg

d0378078_02503151.jpeg

昨年11月23日に、西南学院大学チャペルで前川喜平さん講演会を開催されたのが、ワーカーズコープさん。12月8日にやはり前川喜平さん講演会を開催することになっていたわれわれ3トラ、西南学院大学チャペルに揃って馳せ参じたのでした。講演会終了後、それまで一面識もなかったわれわれを懇親会にお誘い下さり、前川さんにご紹介いただきました。広いお心に感謝です。

その上、不登校問題を考えていく上で、もし自分たちワーカーズコープにできることがあれば、いつでも声を掛けて下さい、とのお申し出までいただき、もう言葉もありません。ゆっくり話しましょう、ということで日程を調整し、やっとこの日、1月9日にお会いする約束になった次第です。

結論から言うと、とても有意義なミーティングでした。現況では、われわれ咲くふぁ福岡は事業化する予定は全くありません。そういうわれわれに対して、ワーカーズコープの中の子育て関連事業で協働できるところがあることを教えて下さいました。たとえば、こんなところです。
d0378078_02510860.jpeg
d0378078_02512317.jpeg

d0378078_02513812.jpeg

昨年の前川喜平さん講演会にいらしていただいた方々にはご理解いただけたと思うのですが、不登校の子を無理矢理登校させても意味がありません。親子の信頼関係を失うだけです。不登校は子どものエネルギーが尽きてしまったというサイン。ゆっくり休んで心身ともに充電するのを待つ。親がゆったり構えていると確実に子どもは元気になります。動きはじめるのです。

しかし、実はここからが問題。元気になったら学校に行けるかというと、そうではない。元気イコール再登校ではないのです。ではどうするか。せっかく元気になった子どもの居場所をどう保障していくのか。われわれ咲くふぁ福岡が今年取り組むべき問題は、実はこれなのです。

子どもの居場所。

いつかは、われわれ自らがこれを用意できればこんなに嬉しいことはありません。でも今は、身近なところのどこに、どういう居場所があるのか、その情報を集めて整理し、必要な方の元に届けることができるといいなあと思うのです。

今年は定期的に不登校当事者、またそのご家族とお会いして、美味しいお茶とお菓子をいただきながらゆるゆると話す会を持つことにしています(アガパンサスカフェ・仮)。その時に、公的、私的、色々な子どもの居場所についての情報をご紹介したいと思うのです。

ワーカーズコープさんのご好意で、今後、学習会にも参加させていただくことになりました。支援のためには、まず自らが学ばねば…。2019年もまた疾走の日々になりそうです。

さなトラ 藤野早苗

ホームページもご覧ください。


d0378078_02520599.jpeg

by sacfa2018 | 2019-01-11 01:41 | 不登校支援 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018