人気ブログランキング |

「合格証書」と「合格成績証明書」

一昨日、娘からメールが届いた。このサイトを読んでみて、と。


2020年4月から、大学の無償化が実施されるのはご存知だろうか。この件については以下のサイトをご参照いただきたい。

https://高校授業料無償化.net/daigaku-musyo/

記事に書いてある通り、無償化の対象となるのは、国立大学で、
1 住民税非課税世帯には授業料と入学金全額免除
2 年収300万円未満の世帯には1 の世帯の2/3
3 年収380万円未満の世帯には1 の世帯の1/3
となる予定らしい。この支援、遅きに失した感はあるが、やはり学びの機会の均等化の具体化としてありがたいものではある。

しかし、娘が送ってきたサイトに書いてあったのは、(ごくごくかいつまんで言うと)、どうやら、浪人生や高卒認定試験合格者は、この公的援助の対象から漏れているらしい、という鋭い指摘なのだった。ああ、やはり。いつもそうだ。この国の「公的」援助はいつも少数派を取りこぼす。

何度か書いたと思うけれど、娘は高認から大学進学した。だから、この記事が気になったのだろう。切り捨てられたような気がしたのかもしれない。高卒認定試験受験者は増加しているとはいうものの、全体に占める割合はまだまだ低い。

そんな少数派が大学受験をする場合、気をつけなければならないことがある(って、多分、うちの場合だけだろうけども)。それは、受験の際に揃える提出書類である。これは高校に行っていれば担任が揃えてくれる。チェックもしてくれる。しかし、高認から受験する場合、全て自分で揃えねばならない。それを肝に銘じて頑張ったはずなのだが、大失態が発覚した。

一昨年2017年1月4日、そろそろ私立大学の出願をしようと娘とパソコンで申請方法を調べた。センター入試利用できるところはそれも視野に入れて出願しようと思ったので、そのために必要な書類を確認していると、高卒認定試験合格者は、「合格成績証明書」が必要と書いてある。あー、これね! と思って私が手にしたのは、「合格証書」…。

d0378078_02435930.jpeg
あああああ、、、やっちまった!!!

そう、そもそもこれ「合格成績証明書」がないとセンター入試も受けられない。この書類は交付願いが到着してから交付までに一週間程度かかり、しかも申請者が多ければ更に時間がかかるという。しかも週末から連休に入り、役所仕事は停止する。まずい、間に合わない。娘に詫びると、自分はセンター入試を利用しなくていいから大丈夫、との答え。それはそうかもしれないが、やはりこんなミスを放っておいたまま受験に臨むのは気が引ける。そう、気が引けたら負けなのだ。娘に安心して受験させてやるにはどうすればいいか…。

翌朝、「高認合格成績証明書」発行関係所管である文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課に電話。事情を話すと、窓口まで直接来てもらえたら、その場で交付することはできないけれど、郵送にかかる時間が短縮できるので、処理が早くなることを教えてもらった。例外的そちですけどね、という言葉を添えて。この時、9時。

その脚で空港へ向かい、12時には文科省担当局課へ。カウンターには若い男女の職員の方がいらして、丁寧に対応して下さった。まさかこんな用事で文科省に来ようとは。娘の不登校は私に実に様々な経験をさせてくれる。これが終わればもう東京に用はない。福岡にとんぼ返りで、午後6時には家族で夕食をとったのだった。

翌週、書類は届き、受験手続きも無事終了。娘は何とか予定通り受験できたのだった。
d0378078_02434192.jpeg

この国で少数派として生きることはなかなかリスキーである。心臓がいくつあっても足りないと思う。でもそのヒリヒリした緊張感がちょっとクセになる。そうしてまた、少数派の道をずんずん分け入ってしまうのである。

さなトラ 藤野早苗

ホームページもご覧ください。


by sacfa2018 | 2019-01-07 01:03 | 不登校支援 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018