虹の向こうにいる「かかし」が思い出されたこと


 


d0378078_13001468.jpg
                       🌈 🌈 🌈 

一昨日のアガパンサス日記でのさなトラの学校「イデア」説と、しょこトラが昨日Facebookにアップしてくれた彩雲(虹のかけら)を見て、ふいにいろんなことが沸き上がってきた。
 さなトラ 
https://sacfafk.exblog.jp/27196304/
 しょこトラ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1398207190310357&set=pcb.1398207296977013&type=3&__tn__=HH-R&eid=ARDdYrWPgHbd5QG1C4-kdc_vqxRuLQA8592-KBzNHGnXh_eFA-sahVQMyEnrhAIwHxZFfQSUZCfgegkj



私は英語が苦手だ。中学生の時にいい加減にやったのが祟ったらしい。高校生でまったくわからなくなった。というか、興味が持てなかった。数学もからっきしで、苦しい高校生活だった。当時、辛いと母にこぼしたら「だってハイ(灰)スクールだもの、しょうがないよ」と返されて言葉を失ったことがある。そんな言葉に丸め込まれて、きゅうきゅうだったなあ。



次男が生まれたとき、私は38歳だった。人生半分来たなあと思って、思い残すことはないかと考えを巡らせた時、英語ができないままこの世を去るのは嫌だと思った。それで次男が1歳になった頃から、勉強を始めた。中断した時期もあるが、この間彼は17歳になったから、16年ほど英語にしがみついていることになる。



できるようにはなかなかならない。途中でフランス語にも手を出してそれはそれで楽しかったのだが、英語に戻ろうとするとフランス語が干渉して混乱した。もう、若くないのだと悟るしかなかった。それなりに世界は広がったと思いはするが。そして、意外なところにも問題があった。



私には話題がない。最近通いだした英会話教室の先生から、あまりにも上達しない為だろう、何か好きなことはないのかと聞かれたが、とっさに思いつくものが何もない。英会話をしていて、英語が趣味なんて言っても会話は続かないのだ。映画もそれほど見ないし、本は不登校の勉強のために読むけれど、小説などはほとんど読まない。テレビも見ない。音楽もできない。運動も苦手。強いて楽しみを言えば、夕方になってビール缶をプシュッと空けることくらいだろうか。でも、ビールに詳しいわけでもない。ビールなら何でもいいんだもの。なんだかなあ。時々私は自分を『オズの魔法使い』に出てくる、「かかし」そのままではないかと思うことがある。かかしは脳みそがないのが悩みで、それで旅をしたのよね。




長男は、中学生で大暴れしたけれど、今もラグビーをずっと続けていて、きっとそれは彼の個性として生涯の助けになっていくだろう。次男は、引きこもったけれど、ネットで限りなく世界の様々な分野の歴史を調べたり、あるいは語学が好きだと言っては、いろいろな言語をかじって楽しんでいる。次男は話好きで、自分の世界を人に述べるのがことのほか楽しいようだ。彼もどこか興味のある国の言葉をいくばくか獲得したら、彼の世界を新しい表現のしかたで語ることができるだろう。



私は何とか学校に通ったが、通うだけでいっぱいいっぱいだったことを、今更のように思い出す。欠席も多かった。物心ついた頃より生きることそのものが、肩で息をするほど辛かった(なのに、自分の子どもに学校を強いたんだよね…身体化は恐ろしいね、考えることを止めてしまうから)。私が育った家庭は、見聞きできるテレビ番組や音楽が極端に制限されていたり、日ごろから学校へ行く以外は、ちょっと外出するにも父親の厳格な監視の下だったりしたので、若いときに自分の世界を広げるということには大きな支障があっただろうと言い訳をしてみる。

けれど、私は私としてこれまで生きてきたんだし、語る内容も私の身から出てくるものしかないわけで。ああ、でも話題かあ。頭に藁を載せてみるかしら?やっぱり虹の向こうを知りたいなあ。




(画像は 『オズの魔法使い』 初版の表紙。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF%E3%81%84 より)



くにトラ  鈴木久仁子


HPもご覧ください。

http://sacfa.yubunsuzuki.com/



[PR]
by sacfa2018 | 2018-11-04 05:00 | 回想記 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30