しあわせのタネ

d0378078_01262545.jpeg

子どもからメールが入った。
d0378078_00394793.jpeg
週末7日、8日は大学のサークル「数研」のメンバーと〈 MATH POWER2018〉というイベントに参加したらしい。このイベント、簡単に言うと、数学オタクのみなさまのための大規模な催しで、新進気鋭の数学者の講義が受けられたり、トークショーがあったり、メールにも書いてある巨大ナンプレをひたすら解き続けたり、素数大富豪という素数オタクが泣いて喜ぶゲームをやったり、と、遊びの要素の強い数学の祭典のようなものらしい。子は夜を徹して巨大ナンプレに取り組み、帰宅後バッタリ倒れるように眠ってしまったのだそう。頑張ったなあ。この巨大ナンプレ、その大きさでギネスに登録されたんだとか。

もうご存知だろうが、うちの子は不登校だった。頑として学校には行かないという態度を貫き、高校にも行かなかったわが子が、今は休日まで大学のサークル活動に勤しんでいる。今もまあ、色々大変なこと、困ったことはあるけれど、なんとかなると思っている。

なぜなのか。どうしてこういう変化が起きたのか。もうちょっと詳しく知りたいなあ…、そう思って下さった方は、10月20日のMAZEKOZEセミナーにいらして下さい。「不登校であったからこそ〜当事者家族の語る不登校」と題した講演で、その不思議についてお話しできると思います。詳細は以下のフライヤーでご確認下さい。

ご来場下さった方々には、本記事冒頭画像の、可愛いハート型のフウセンカズラの種、「しあわせのタネ」を差し上げます。効き目ありますよ。しょこトラ丹精のフウセンカズラから採取しました。3トラ、心を込めてパッキング。先着順です。ぜひ、どうぞ。

d0378078_01264487.jpeg

さなトラ 藤野早苗

ホームページもご覧ください。

一般社団法人「福岡おやじたい」のMAZEKOZEセミナーPART9でお話しさせていただきます。ありがとうございます。
d0378078_22512562.jpeg

12月8日、「不登校から見えてくる教育の未来〜多様性を考える」前川喜平さん講演会のチケット、好評発売中。お早めにお求め下さい。
d0378078_21311031.jpeg



[PR]
by sacfa2018 | 2018-10-08 00:38 | 不登校支援 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018