それだけで親は報われるのだ

不登校で高校中退、その後他県の大学に進んだ次男が、来春無事卒業できそうだ。
そしてその後の進路も見えてきた。
そこで今彼が思案中なのがお金のことである。

「大学に行かせてもらっている」と彼の口から聞いたのが大学に行って2年目くらいだったような気がする。
「えっ?」と私は手を止めた。

いや何も親として「行かせてやっている」とは思っていなかったが。
彼が行きたいんだから、お金を出すのは親の務め、と思っていたが。

「行かせてもらっている」という中には、感謝の気持ちがさりげなく込められていて、
多くは語らずとも、彼の成長がわかって、心の底から嬉しかった。

そして今彼は、学費の工面やら何やらを真剣に考えている。
ありがたい話だ。

そんな心配をさせて申し訳ないが、考えてくれたまえ…我々もそろそろ老後に向けて蓄えねばならぬ時期なのだから…(涙)

d0378078_22451072.jpeg

しょこトラ 水元晶子

「咲くふぁ福岡」サントラの講演会。
10月20日ふくふくプラザにて。お待ちしています。

d0378078_22512562.jpeg

咲くふぁ福岡 HPもご覧ください。

http://sacfa.yubunsuzuki.com/

[PR]
by sacfa2018 | 2018-10-04 00:05 | 言葉 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018
カレンダー