不登校であったからこそ

10月20日土曜日19:30-20:40、福岡市中央区荒戸のふくふくプラザで、「不登校であったからこそ〜当事者家族の語る不登校」というテーマで、「咲くふぁ福岡」3トラ、講演をいたします。前川喜平氏講演会の実行委員を務めてくださっている一般社団法人「福岡おやじたい」主催のMAZEKOZEセミナーでお話する機会をいただきました。ありがとうございます。

私たち「咲くふぁ福岡」は当ブログ「アガパンサス日記」をはじめ、SNSを中心に不登校問題について発信してまいりました。細々とではありますが、お読みくださる方も増え、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。

3トラそれぞれ、書くことは苦になりません。文章で発信する意義も十分に感じています。けれど、最近考えていたのです。文字では伝えきれない空気感をお伝えする場を持つことができたら嬉しい、と。文字にして残すと後悔するかもしれないけど、でも何とかして伝えたい話があるのだけど、と。

私たちは不登校問題の専門家ではありません。家族に不登校当事者がいた(いる)という3人です。一口に不登校と言ってもその理由、現状は様々。一括りにできるものではありません。私たち3人の息子、娘も状態はそれぞれ異なりましたが、それなりに自分の道を歩きはじめました。その間私たちは親として何を考えていたのか、学校とはどう折り合いをつけたのか、不登校になってその後の未来はあるのか…などなど当事者ならばつい聞きたくなるようなことについて具体的にお話させていただきたいと思っています。時間が許せば、質疑応答や、グループディスカッションも考えています。みなさまの忌憚ないご意見を伺う好機になればとも思うのです。

不登校当事者であるお子様もぜひいらしてください。ご家族もぜひ。そして学校関係者のみなさま、子どもを育む地域のみなさまにもぜひお出でいただきたいのです。不登校は特別な子どもの特別な問題ではなく、誰もが経験するかもしれない身近な問題です。同じ目線で考えてみませんか。

ご来場、お待ち申し上げております。

当記事、拡散希望です。
よろしくお願いいたします。

 さなトラ 藤野早苗
d0378078_01374297.jpg
お待ちしております。


d0378078_01110872.jpeg
12月8日「不登校から見えてくる教育の未来〜多様性を考える」前川喜平さん講演会
チケット好評発売中です。
d0378078_08064353.jpeg



[PR]
by sacfa2018 | 2018-09-19 00:33 | 不登校支援 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018
カレンダー