バスとイノシシと砂場

不登校だった彼が2歳の頃、

当時広島に住んでいて、家から歩いて5分くらいのところにバス車庫があった。
そこまで毎日2人で歩いて、たくさんのバスを見るのが日課だった。
ある日、バスの運転手さんが、「運転席に乗せてあげよう」と言ってくれたが、彼は固辞した。

動物園に行った。
帰ってきて彼の発した言葉は
「イノシシ、おったー」。
象もキリンもいたのだが、彼は地味に地面に寝転んでいたイノシシが気に入ったらしかった。

他の子どもがいるときは公園に入らなかった。
誰もいない公園に行くと、砂場で1人でひたすら遊んだ。
黙々と砂を掘っていた。

バスとイノシシと砂場。

何がおもしろいのか、何が楽しいのかよくわからないが、
彼にとっては大変に惹きつけられるものたちだったようだ。

私はそんな彼を見ていて楽しかった。
毎日が不思議な発見だった。

子どもらしい、とか可愛いとかいう、一般の基準とはかけ離れていた気がするが。

おもしろい子どもだった。

今は大人になってしまったが、おもしろかった小さな彼が、彼の奥の方にひそんでいる。
おもしろい大人になったと思う。
d0378078_20453992.png

しょこトラ Sho Miz
「咲くふぁ福岡」HPもご訪問ください。
http://sacfa.yubunsuzuki.com/


[PR]
by sacfa2018 | 2018-06-12 00:07 | 子育て

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018