夫の気持ち

d0378078_12035370.jpg

夜間の高校に通う息子の

中間テストの最終日だった。

今日こそは試験を受けるのだと張り切っている。 

出かける直前になると眠ってしまうので

なんとかしたいと思っているようだ。


その日所用を済ませて帰宅すると、息子の靴がある。

予感はしていたのだが。

台所へ向かうと、少し前に帰宅した夫が

丁度うどんを茹でようとしているところだった。

「寝てると思うよ」と言うと夫は、

「そうなのか。じゃあ三人分、茹でよう」

それだけ言って、

麺を鍋の中にぱらぱらと入れ始めた。



それから私たちは他愛のない話を

続けたのだけれど。



くにトラ 鈴木久仁子




ホームページもご覧ください

http://sacfa.yubunsuzuki.com/


d0378078_12461019.png





[PR]
by sacfa2018 | 2018-06-10 00:05 | 子育て | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018