じゃ、あなたは学校好きですか?

娘が不登校になって、色々特徴的な現象が出来した時、私が何より驚いたのは、

私も不登校だったのだ!

という事実である。

児童・生徒の頃ではない。高校で教員をしていた頃のことだ。簡単に言うと、職務に適応できなかったのだ。

同調圧力。指導要領に従い、校則を守らせ、一定の評価基準を遵守する。

頑張った分、生身の自分と教員の自分が乖離した。どうしても起き上がれない日が月に何日かあり、その内、月一で扁桃腺が腫れて高熱が出るようになった。抗生物質も効きが悪くなり、熱がなかなか引かなくなった。

当時は、怠けている自分を情けなく思った。弱くてダメな人間だと自分を責めた。でも、娘が不登校になって、その苦しい状況を真近に見るにつけ、あ、私も不登校だったのだと納得した。

結局、二校11年勤めて教員はやめた。向いてなかったのだと思う。未練は全くない。

大人だって苦しくなる学校という空間。ここに合わない子がいたって当たり前。でも、少しだけ、学校を居心地のいい空間にしてはもらえないだろうか?そこが楽しいところなら、自然と人が集まるはず。子どもを緊張させる場ではなく、教師と心が通う場にしてはもらえないだろうか?

日本人って、幸せになることに消極的すぎる。ストイックもほどほどにしないと、その内、みんな国外へ流出してしまいますよ。

学校が楽しい!

みんながそう思えたら、多分、その国は大丈夫。教育は百年の大計です。

さなトラ 藤野早苗

ホームページもご訪問下さい。

d0378078_01075971.jpeg
廃校舎を利用した朝倉の共星の里美術館
こんな学校があればいいのに。

[PR]
by sacfa2018 | 2018-06-08 00:17 | 不登校 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31