空のまちがい


「お母さま、お空を買いに行きましょう」
ダウン症の書家、金澤翔子さんのお母さまが、翔子さんに言われて不思議に思ったそうだ。

「お空は買えないけれど、きっと何か意味があるのだろう」
翔子さんに付いていくと、コインパーキングの看板を指さして「ほら」。
大きく「100円」と書いてある横の電光表示板には「空」。

なんて素敵な読み間違い。

私はいつも同じ看板の「空」を「から」と読んで家人から「あき」と直されている。

いつも間違って読んでる。

空っぽなんだよ〜入れますよ〜と言われてるみたいではないか〜と思っていたが。

翔子さんの間違いの方がずっと素敵だ。

間違う、ってなんだろうね。
なにが「間違い」なんだろうね。

d0378078_22583306.jpeg


しょこトラ Sho Miz


「咲くふぁ福岡」HPもご訪問ください。


[PR]
by sacfa2018 | 2018-06-05 00:15 | 言葉 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018