「お母さんの顔」を描くということ

5月といえば「母の日」というものがある。

子どもが幼稚園や保育園で「おかあさんの顔」を描いたものが、貼り出される。

末っ子が幼稚園に入園した年の母の日参観、
大きな顔に一応目鼻口らしきものが添えられた、3歳児の可愛らしい絵が並んでいた。

ところが我が子の絵には顔は描かれていなかった。
黒いクレヨンで丸が塗りつぶされていた。

私は固まった。
どうしてこんな絵なのだろう。
私はもしかして彼にとって怖い母親なのか⁉︎
いや、そんなはずはない。

考えに、考えて、たどり着いた結論。

おそらく彼は、目の前に私がいないのに、「おかあさんの顔を描きましょう」と言われて、戸惑ったのだ。
そりゃあ、目が2つ鼻が1つ口が1つくらいはわかる。でも、それではどんな顔かわからない。

こだわりが強くて、きっちりしたことを大事にする気質の彼には、「こんな感じ」と適当に描くことができなかったのだろうと。
彼なりに頑張って描いた絵なのだと。

だから、彼には「ありがとう」と言った。
そう言われてうれしそうでもなかったが。

ちゃんと描きなさい、などと言わなくて本当に良かった。

それから彼は、絵を描くことが好きな子になっていったから。

d0378078_21091167.jpeg

しょこトラ Sho Miz

「咲くふぁ福岡」HPもご訪問ください。
[PR]
by sacfa2018 | 2018-05-05 00:05 | 子育て | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018