お兄ちゃんの道5 ~ハンコーキーボーイズのハハたち~

くにトラです。



学校に行きづらい子どもたちがなんとなく集まって、

グループができていました。

それぞれがあちこちの友だちの家を渡り歩き、

夜になっても帰ってこないことがありました。

いつからか、ハハ同士がグループラインを作って

連絡を取り合うようになりました。

ハハたちは、子どもたちのことをまとめて

「ハンコーキーたち」

と呼び馴らしていました。



ラインの強みはまさにここ

誰かが「うちの息子がいなくなった」とライン、

「今ここでラーメン食べてるよ」という返信がどこからか来る。

ああよかった、一安心。

ありがとう、

よろしくお願いします。

落ち着いたら帰っておいで。


ハンコーキーたちは、

集団で消えることがありました。

眠れぬ夜

ハハたちは連絡を取り合います。

子どもたちを探して

話すなか、少しずつ

気持ちがおさまっていく。

子どもの帰りを

待てるようになっていく。


お母さんだって仲間が大切。

苦しくて苦しくてたまらない、って誰かが言えば、

さっと駆けつけて慰めあうってこともしょっちゅうでした。

この時の仲間がいたから、

私たちは何とかやってこれたと思ってます。



今度仲間の一人が遠くへお引越しということ。

出発前に同窓会しようって、

今ラインで話しています。


d0378078_14443057.jpg


ありがとうございます

ホームページもご覧ください

http://sacfa.yubunsuzuki.com





[PR]
by sacfa2018 | 2018-04-12 00:30 | 回想記 | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018