お兄ちゃんの道6~未来に舵を切る~

d0378078_03435717.jpg


くにトラです。


どこか受け入れてくれる高校はあるのか。

就職するにしても、どこが雇ってくれるのか。

その覚悟ができていない、

そう、私自身腹が括れていないのに気づき、

うろたえました。


担任兼ラグビー部顧問のT先生から勧められて、

年末押し詰まったある日、

家から少し離れた高校のラグビー部の練習に

父親と見学に行きました。

夏の大会の時に息子を見たその高校の監督さんが、

お兄ちゃんを覚えていてくださっていました。

監督さんから、「大きくなったねえ」と声をかけられたそうです。


T先生から、家から出たほうがいい、

今の生活を切り離したほうがいいという言葉に

一家で背中を押されました。

というか、ここでもすったもんだがありまして。

時期が来たら、お話しできれば。


専願で入試を受け、合格すると、

寮での生活が待っていました。


彼の高校三年間は

離れて暮らす中で

私たち家族の再生の時間だったように思います。

このことについても、いずれお話しできたら。


ありがとうございます


d0378078_04365402.jpg


ホームページもご覧ください

http://sacfa.yubunsuzuki.com



[PR]
by sacfa2018 | 2018-04-13 00:30 | 子育て | Comments(0)

不登校問題当事者であった経験からその時のこと、またこれからのことを日々綴っていきたいと思います。


by sacfa2018